<< 長野智子さん、ハフポスト日本版編集主幹に | main | イタメシ」、本場の舌に挑戦 ローマ出店1 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.09 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    消えゆくラッコ…水族館の飼育数激減 繁殖

    0
      日本の水族館などで飼育するラッコが、ピークの4分の1まで減った. 移動のストレスなどに弱く、繁殖や輸入は難しい. 昨年11月、いおワールドかごしま水族館(鹿児島市)のオスの「カイ」(18)が死んだ. 青森市の浅虫水族館と大阪市の海遊館でも昨年、高齢で計3匹が死んだ. カイは当時、オスの国内最高齢. かごしま水族館ではメスの「チェリー」(17)だけになった. 日本動物園水族館協会(東京)が飼育を把握する施設に朝日新聞が問い合わせたところ、16日現在、全国15施設に30匹いる. ピークの1994年には、28施設で122匹が飼われていた. ルブタン ルブタン ブーツブーツ 日本には82年、静岡県の水族館に初めて入ってきた. 貝をおなかの上で割るなど愛らしい姿でブームに. だが、98年のかごしま水族館への輸入を最後に、米国アラスカから野生ラッコは入ってこなくなった. theostarerper ナイキ ズーム コービー 保護のため捕獲が難しくなったのと、輸出自体が厳しくなったためだ. ロシアからは03年に東京の水族館へ2匹輸入されたきり. 米国のような捕獲や輸送の技術が定着しておらず、輸入が難しいという.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.09 Wednesday
        • -
        • 14:28
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM